演歌歌手名鑑

和田弘とマヒナスターズわだひろしとまひなすたーず

和田弘とマヒナスターズ(わだひろしとマヒナスターズ)とは、スチールギター奏者の和田弘をリーダーとする音楽グループ。
ハワイアン、ムード歌謡の第一人者として知られる。
マヒナはハワイ語で「月」を意味する。
山口銀次、和田弘、三島敏夫らが、「バッキー白片とアロハハワイアンズ」退団後、1953年にハワイアンバンド「山口銀次とマヒナスターズ」として結成。
翌1954年、リーダーの山口銀次が脱退、アロハハワインズ復帰後は、和田弘がリーダーとなり「和田弘とマヒナスターズ」に改名する。
ハワイアンのメロディ、作曲家吉田正のコーラスを手本にして新しい歌謡曲の要素を作り出した第一人者でもある。
吉田正の門下として、1957年にムード歌謡としてデビュー。
第一弾は「東京の人(三浦洸一)/哀愁の街に霧が降る(山田真二)」で、第二弾は「好きだった」(鶴田浩二)を吹き込んだ。
全て吉田正のカバー曲。
翌1958年8月にオリジナル曲「泣かないで」で事実上のデビューを果たした。
1960年代には、松尾和子らの女性歌手をむかえるスタイルをとり、第2回日本レコード大賞を受賞した「誰よりも君を愛す」、当時としては驚異的な300万枚の売上を記録した「お座敷小唄」をはじめ、「寒い朝」「愛して愛して愛しちゃったのよ」、「ウナ・セラ・ディ東京」など多数のヒット曲を残した。

音楽作品

DMM販売CD

DMM映像