演歌歌手名鑑

並木路子なみきみちこ

1921年9月30日生まれ東京都 出身

2001年04月07日死去

 - ウィキペディアより引用

並木 路子(なみき みちこ、1921年(大正10年)9月30日 - 2001年(平成13年)4月7日)は、日本の歌手。
本名は南郷 庸子(なんごう つねこ(旧姓:小林))。
東京浅草生まれで、5歳まで台湾で暮らした。
松竹歌劇団の娘役スターとして、戦前から戦中戦後と活躍。
戦後の混乱期に主演した松竹映画『そよかぜ』の主題歌及び挿入歌として歌った「リンゴの唄」が爆発的なヒットとなり、日本の代表的歌手と評されている。
「リンゴの唄」は、歌謡史のみならず日本の歴史に残る歌となった。
芸名の並木路子は、 ミス・コロムビアの「並木の雨」と、歌詞に出てくる「並木の路に…」の「路」に子を付けたもの。

音楽作品

DMM販売CD

DMM映像