演歌歌手名鑑

小唄勝太郎こうたかつたろう

1904年11月6日生まれ新潟県 出身

1974年06月21日死去

 - ウィキペディアより引用

小唄 勝太郎(こうた かつたろう、1904年(明治37年)11月6日 - 1974年(昭和49年)6月21日)は日本の女性歌手。
本名は眞野 かつ。
旧姓は佐藤。
芸者勝太郎として葭町花街に籍を置く傍ら、『島の娘』で歌手デビューし、いわゆる「ハァ小唄」の流行を作った。
三島一声と歌った『東京音頭』の大ブームを受けて落籍し、小唄勝太郎と名乗って歌手業に専念した。
赤坂小梅、市丸、音丸らとともに芸者歌手の一時代を形作ったひとり。
1971年(昭和46年)に紫綬褒章を受章。

音楽作品

DMM販売CD

DMM映像