演歌歌手名鑑

渡辺はま子わたなべはまこ

1910年10月27日生まれ神奈川県 出身

1999年12月31日死去

 - ウィキペディアより引用

渡辺 はま子(わたなべ はまこ、1910年(明治43年)10月27日 - 1999年(平成11年)12月31日)は戦前から戦後にかけて活躍した日本の流行歌手。
神奈川県横浜市出身。
本名 加藤 浜子。
生涯横浜で過ごした。
愛称は「おはまさん」。
横浜生まれで横浜育ちの、文字通りハマっ子の渡辺は美貌で知られた歌手であった。
祖父がアメリカ人のクォーターであった。
デビューからビクター移籍 1933年(昭和8年)「武蔵野音楽学校」(後の武蔵野音楽大学)卒業。
卒業後は、横浜高等女学校(後の横浜学園高等学校)で音楽教師をしていたが、同年にポリドールの歌手テストを受け、「最上川小唄」を吹き込むがポリドールでは結局この1曲のみで終わった。
音楽学校在学中に指導を受けた徳山璉の推薦もあり、同年12月にビクターから「海鳴る空」でデビューした。
1934年(昭和9年)、日比谷公会堂で開催されるビクター歌手総出演のアトラクション「島の娘」に主演のはずであった小林千代子が突然失踪する。

音楽作品

DMM販売CD

DMM映像