演歌歌手名鑑

永六輔えいろくすけ

(作詞家)

1933年4月10日生まれ東京都 出身

2016年07月07日死去

 - ウィキペディアより引用

永 六輔(えい ろくすけ、1933年(昭和8年)4月10日 - 2016年(平成28年)7月7日)は、日本のラジオ番組パーソナリティ、タレント、随筆家。
元放送作家、作詞家。
テレビやラジオなどを中心に活躍。
軽妙な語り口と歯に衣着せぬトークで人気を集めた。
1961年7月に坂本九により初演され、その後世界中でヒットしたポップソング『上を向いて歩こう』の作詞者として知られる。
また短く簡単な言葉で物事の本質を突く、短文の名人としても知られ、著作も多い。
『大往生』は200万部を超える大ベストセラーとなった。
“旅の坊主”、“ラジオ屋”、“テレビ乞食”、“遊芸渡世人”、“男のおばあさん”などを自称。
本名は永 孝雄(えい たかお)。
晩年の所属事務所は「オフィス六丁目」だった。
角刈り頭と細長い顔がトレードマーク。
長女の永千絵は映画エッセイスト、次女の永麻理は元フジテレビアナウンサー、麻理の長男、岡﨑育之介は俳優、脚本家、演出家。
麻理の次男は「大遺言〜祖父・永六輔の今を生きる36の言葉」(小学館刊)の著者拓実。
また、藤本義一とは遠戚である。

音楽作品

DMM販売CD

DMM映像