演歌歌手名鑑

ザ・ワイルドワンズ

ザ・ワイルドワンズ(The Wild Ones)、現・加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ(かせくにひこと-)は日本のバンドで、かつてはグループ・サウンズの一つであった。
メンバー 現在のメンバー 鳥塚しげき(ギター) 島英二(ベース、ギター) 植田芳暁(ドラムス、ギター) 元メンバー 渡辺茂樹(キーボード、フルート) 加瀬邦彦(リーダー&ギター) 加瀬邦彦がキャノンボール、ザ・スパイダース、寺内タケシとブルージーンズを経て平凡パンチに募集記事を載せ、メンバーを集め結成された。
ザ・ワイルド・ワンズというグループ名の由来は慶應義塾大学の先輩で親交の深い加山雄三が星占いにより、『野生児』という意味を込め命名。
1966年11月に『想い出の渚』で東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)からデビューを果たす。
1968年1月にグループの音楽性発展のため、当時16歳だった渡辺茂樹が加入。
1971年秋に神田共立講堂での公演にて一旦解散したが、1979年11月に限定的に再集結しシングル「美しすぎた夏」とアルバム「アンコール」を発売(それまでも度々4人で集結している)、その後、1981年1月の“さよなら日劇ウエスタン・カーニバル”にメンバー5人が勢揃いし出演したのがきっかけで再結成話が持ち上がり、仕事の都合で参加を見送った渡辺茂樹を除く、オリジナルメンバー4人で「加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ」として本格的な再結成に踏み切った。

音楽作品

DMM販売CD

DMM映像